東池袋びっくりガードのひもの屋

M君らと会うのは実に四ヶ月ぶりとなった。


今まででは考えられないことだ。


お互いの生活が忙しいというのは言い訳ながらなかなかこういった時間ももてないのならばなかなかに問題があるなあ。


それゆえに久々の飲み会は楽しかった。


行ったのは池袋のひもの屋。


駅から歩いて五分というところか。


以前、S君の誕生日を祝う会でも使用した。


割安ながらちょっと美味しい魚が食える店だ。


今日はエイヒレからいった。


まだアツアツのヒレはやわらかく、手で割いていただく。


マヨネーズ、七味、と調味料との相性抜群だがまずは何も付けずに食いたいな。


ここのでっかいビールをがぶ飲みしながらいただいた。


確かに魚も美味ではありましたが、ひもの屋と言いながらも他のメニューも美味しい。


唐揚げもかなり大柄なもので満足度高し。


美味しかったなあ。


あとは何だろう、特にサラダかなあ。


鮭が入っているものを注文。


ちょっと他のお店じゃないよね。


風味もよく、とても美味しくいただいた。


3人で飲む形になったが後半はハイボールに。


ハイボールはこの店、ジョッキだと大量だがやや高めなので注意。


まあ値段相応でしたが。


まあなかなかに満足いく飲み会でしたよ、ごちそうさま。


また来たいです。


モワ

鎌倉の御成通りのあたりにあるお店です~。


バーっぽい見た目ですがランチも食べられる。


そして昼から飲める!韓国料理がベースなんですが、コテコテの韓国料理ってかんじじゃなくて、どことなくお洒落なのはお店の雰囲気がちょっとアフリカンなかんじだからでしょうか?お店の方はまだけっこう若いと思うんですが、なんか貫禄のある、それでいて親しみやすいかんじの男性で、お話したらいろいろ聞かせてくれましたよ~。


発酵食って、収穫したらだんだんパワーがなくなっていくけど、発酵させることによってまた新たにパワーがチャージされるから、体に元気をくれるものなんだ、みたいなお話だったかな??うまく書けなくてスミマセン!とにかくそんなかんじで、体によくてしかもおいしいごはんをいただけるお店です。


店主の方のお友達(発酵仲間って言ってました笑)が地元でビールを作っていてそれが飲めたり、お店の裏の畑でとれた野菜を使ったり、時期によっては鎌倉でとれたわかめのナムルが出たりとか、お店の雰囲気からすると、若者が仲間内のノリでやってるお店なのかなと思いかねないんですが、鎌倉づくしの食やお酒が味わえる素敵なお店です。


そして肝心の料理の話をしたいと思います!きょうはビビンバとサムゲタンのセットを注文。


ビビンバはごはんが見えないほど野菜がたっぷり、挽き肉がのってヘルシーな見た目ですが、味わうとしっかりおいしい!くどさはなくて、韓国料理嫌いの人でもおいしく食べられるはず。


ガシガシ混ぜてあっという間にペロリと食べちゃいました。


おいしかったので止まらない~(^^)そしてサムゲタン、本当はこっちを先に食べたのですがー。


スープ自体に味はついてなくて、お店の特製のお塩で味を調整します。


ミニサイズと言いながらもボリュームたっぷり!あと気になったのが、たまに朝鮮人参が入荷されてまるかじりできるそうですよ(笑)まだまだ魅力を掘り起こしたい、鎌倉で気になるお店ナンバーワンです!

おばな

友人のIちゃんは高校時代の友人です。


たまたま関西で働くようになったのが5年前。


たまたま奈良の彼氏ができたのが2年前、そして今同棲しているそうです。


高校時代はずっと一緒だったし、大学時代もよくあっていたし、就職してからも長く東京にいたからまさか奈良の人になるなんて思わなかった。


びっくりです。


仮に逆の立場だったらどうだろうな、私が関西で生きている姿はちょっと想像つきません。


運命というものはあるんだよね。


Iいわく全部「たまたま」って。


そういうものかしらね。


 そう、今日奈良まで足を伸ばしたのは別に国宝やら重要文化財を見るためではない。


いやいや、それはそれで素晴らしかったけど。


お寺も満足でしたが。


Iちゃんに会うためです。


お家に泊めてもらうの。


彼氏はたまたま外出だそうです。


さいしょホテル泊まるっていったら、ならホテル代くらいのお店でおごってよ、んで家に泊まりなよって話になって。


 という訳で、ホテル代くらいのお店、だから高級店ですよ、おばな、という懐石料理屋さんへ。


ホテルサンルートにあるお店。


昼のカレーからだいぶ色味が変わる。


これぞ奈良、とも言うべき重厚な日本料理をいただいた。


確かにIちゃんの言う通りホテル代払うよりこっちの方が賢かったね。


季節の味がたくさんで最高でした。


ごだいご新宿武蔵野ビル店

高校の友人同士で会うという機会が意外と多い。


多いというよりは多くなったというべきか。


もともと僕らはなかなか顔を合わせなかった。


というのも残念ながら男子校。


同窓会を開いたところでおじさんの顔を見るしかないわけだから、そんな場を催すのは帰って辛いことになる。


が、最近Sの状況きっかけで何度かみんなで会う機会をもてた。


皆で会ったら会ったでそら楽しい。


やはり男子校ゆえのトークと言うものもある。


おかしなテンションは高校卒業から15年を経ても変わらずだから驚くね。


今日は忘年会とまではいかないが数人に声をかけ飲む事となった。


しんじゅくの「ごだいご」という店だ。


店に入るなり我々はガンダーラを歌ってしまったがまあどうだっていいwで、このお店初めてだったんだけどつくねが有名のよう。


おいしそうな自家製つくねにタレは6種。


どれもおしゃれなんだなあ。


これは男どもだけでくる店じゃないな、と美しいつくねが並ぶと誰かの口から本音が漏れた。


味もしっかりしていて、他の料理のクオリティも満足。


魚もまた新鮮でおいしかったね。


しかし、そうだなあ。


確かに男だけでない機会が欲しいものだよ。


そんな素晴らしいチャンスがあればまたこの店に来よう。


ハードロックカフェ 東京

食事と音楽との関係性について。


基本的に幼少のころから家族でご飯を食べるときに音楽が流れていたという記憶はない。


だいたいテレビがついていた。


しかし、外食をすると、何かしらの音楽が流れ、場所によってさまざまな曲がかかっている。


ホテルのレストランなどでは、ピアノの生演奏やジャズの生演奏があったりする。


一人暮らしをするようになって、彼女とご飯を食べるときには、あまりテレビを見ずに音楽を流していた。


彼女も音楽が好きだったので。


テレビがついてると会話がなくなってしまうけれど、音楽だと話す方が自然だ。


ホテルのレストランでは、とにかく会話の邪魔にならないような、あくまで心地よいBGM的な音楽が流れているが、イギリスパブみたいなところに行くと、たいてい結構な音量で音楽が流れている。


テレビがあるとたまにサッカー中継なんかをやっている気がする。


落ち着く気はしないけど、雰囲気にはマッチしてるとおもう。


ほかに、ハードロックカフェ、というものがある。


日本にはあまりない気がするけれど、日本人旅行客がおおい海外にいくと、必ずと言っていいほどパンフレットに載っている気がする。


日本にはあるのだろうか。


あった。


その名の通りハードロックカフェ東京、というところだ。


六本木にあるのでいってみたけど、まあアメリカンな食べ物をアメリカンな雰囲気で楽しく食べられましたよ。


ひつまぶし 稲生 エスカ店

新幹線で名古屋にいった。


駅のホームに上手いきしめん屋さんがあるときいていきたいと思っていたのだが、時間の関係上無理だった。


なので、夜はどこかで名古屋名物的なものをたべたいなあとおもい名古屋に上陸したが、久しぶりの名古屋、全然道がわからなかった。


相変わらず、ヤン車が多い街だなー。


あと車の運転荒いわ。


この町ではなるべく車の運転したくないなと思った出来事があった。


何年か前に、なぜそんなことをしようと思ったのかは思い出せないが、歩いて東京から京都に向かったことがある。


そのとき、名古屋で3回は絡まれた。


長い道中絡まれたの、その3回だけ。


名古屋チンピラおおすぎるやろ・・・・市街地とおってないのに・・・・などとしょぼくれて休憩していると、少し先に紫色のバリバリの改造車が急停車した。


なんだなんだ?と思っていると、急にその車から煙が上がった。


「あー、エンジンいわしたな」などと思っていると、煙が白から黒になり、「やばい!逃げろ!」の大声とともに乗車してた人が逃げてきた。


その瞬間、車がなんと爆発した。


車の爆発など西部警察の世界だと思ってたけれど、まじで爆発するのね。


衝撃でぽかーんとなった。


そんなおもひでぽろぽろ。


飯はひつまぶし、稲生というところで食べた。


うまかったです。


笑笑歌舞伎町総本店

毎年花見は自分の主宰で催しているがその程度で案外と我々の交流は少ない。


気付けば大学を卒業してからもう7年にもなるのだから驚きは隠せない。


誰かの結婚式で顔を合わせるくらいしかないから、さすがに寂しくもあるがならば月に一度の飲み会開くかと言うと、そこまでの気概はない。


しかし、この冬は我々も三十を迎えたということもありせっかくだからと少々豪勢な会を開こうということになった。


とは言えそう心に決めたのが12月に入ってからで参加者もまばら。


学生時代ならば週に3度4度飲み会を開こうが常に大勢集まったものだが…。


ということで時間がなく新宿の笑笑を予約した。


ここが超巨大店舗で、なんとか予約できるとの期待があったのだ。


幸い混みそうな日時だったが優しく向かいいれてくれた。


普通にコースでも満足いく内容だった。


この時期なので立派な鍋も出た。


お腹いっぱい。


しかも飲み放題なのだから文句はない。


巨大店舗ということで確かに騒がしかったがそれでも新宿らしいシックな雰囲気ではありなかなか悪くなかった。


とっさの宴会にはぴったりの店だ。


笑笑を出たあとはさんざん飲んでいたはずなのに数人で迷わず近所のバーに入った。


師走の新宿の夜を思う存分楽しめ良かった。


すしざんまい上野店

実家から母が来たおりにすしざんまい上野店を利用した。


新幹線に乗るのを送りに行ったのだけど、ついでにとおごってもらったのだ。


いやあ鮪がおいしかった。


すしざんまいって、勝手に回る寿司かと思っていたけれど違うんだね。


だけどかなり価格もお得感がありびっくりした(おごっておいてもらってその台詞もないと思うが) 母は東京に何をしにきたのか語らなかった。


買い物としか言わなかったがそんなわけはない。


セール期間でもないし、何より彼女の帰りの荷物の少なさがそれが安いウソであることを物語っていた。


では、オヤジと喧嘩でもしたのだろうか。


末の妹が嫁いで、そのすぐ後に飼っていたネコも死んで。


と確かに彼女の精神を不安定させる事項がここのところたくさん家族内で起こっていたことも事実だ。


とは言え、そこは僕の領分ではない、家族とはいえそういう距離はある。


 で、僕の距離感とはなんだろう。


三十代後半にも関わらず笑顔で鮪をおごってもらい、昼からビールを注文し、一言叱咤をもらう。


おそらくそれが正解なのではないか。


母もそこそこに喜んでいるようだったし、だいぶ機嫌良くなった。


上野駅まで歩いて行く彼女の小さくなった後ろ姿を見、ああ正月には帰らねばなと改めて考えた。


波やし

高円寺の有名店、波やしに行ってみる。


行ってみる、と気軽だった風を装ったがこちらけっこう敷居高し、とくにせいぜい3000円、4000円クラスの店で満足している私には。


と、言うのもまず外観が格好良い。


いかにもな雰囲気で大人しか入れない格式高いお店であることをたたずまいが示している。


いろんなお店が並ぶ高円寺の中にあっても異彩を放つ「正統派」感はさすが。


中はカウンター席。


こちらも正統派な趣が漂い、酒を口にする前からほろっと酔ってしまいそうに。


と、は言え金を払わねば酔えぬもの。


早速注文。


ビールはエビスか、さすが正統派、そこも外さないね。


今までみたことない子持ち槍烏賊煮を注文。


烏賊も子持ちがあるんだね、と感心。


刺身も頼む。


烏賊好きには堪らない食感と独特の風味。


さらに気が大きくなりお造りも頼んでしまった。


他には金目鯛の煮物などを注文。


一つとしてハズレがなかった。


今後魚系を食べたくなったらココが第一候補かな。


でも席数少ないから、格好付けて予約などしてみたいところだ。


友人と2人で行ったのだが久々にちゃんとしたお店に入った、と友も満足。


もう40歳になるのだからたまにはこのくらいのクオリティのところで飲まないとな。


とは言え、諭吉が1枚飛んだのは痛い…。


上野アメ横のひもの屋上野アメ横店

この時期にアメ横に出向くというのはなかなか思いきったことではある。


どうせ混むのは分かっていたがなかなか大変だった。


正月を実家で過ごす、つまりおせちや年末料理をこちらで作るつもりはない私としては本来行くべきではないのだが、ママ友の付き合いで仕方なく。


仕方なくというと失礼だけど初めてかな、あの活気ある街は。


すごい賑やかで楽しかったのだけど子連れではさすがに疲れてしまった。


帰りはお店に入って軽く飲んで帰ることに。


ひもの屋というお店に入った。


ここは本当オススメ。


その名の通り美味しいお魚の干物がたくさんあるんですよ。


今日は縞ホッケをいただく。


まあ定番ながらこれはお酒に合いますよね。


理想は日本酒とだけど、さすがにまだ七時。


ビールで我慢でした。


あとは普通に美味しかったのがイカの一夜干しかなあ。


普通に美味しかった。


なんか凝った料理とかオシャレなお店とかたくさんあるけど日本人ならやはり干物よね。


こういうことよね。


一緒に行ったお友達も何度もそう感嘆していました。


確かに確かに、こういうシンプルで美味しいものこそ酒の肴って感じ。


アメ横以外にも店舗があるということなのでまた機会があれば是非来たいお店でした。


次は金目鯛に挑戦したいな。


やはりお魚って美味しいですね。


錦糸町 個室 広告